2004年09月23日

エスカレーター

停止しているエスカレーターを、
上り下りするのは気持ち悪いことらしい。
そういう人がいた。

今まであまり意識したことはなかったが、
それからというもの、エスカレーターを
上り下りする時には、気にしてみるようになった。

とくに気持ち悪いということはなかったが、
階段に比べて一段一段が高いため、
長いエスカレーターだとちょっとキツイなと感じるくらい。
そんな程度だった。

先日、停止している長いエスカレーターを、
一段の隙もなくぎっしり並んで上る機会があった。
選択の余地はなかったし、別にイヤでもなかった。

3分の1ほど上ったところで、異変は起きた。
足元を見ながら上っていたのだが、
なんだか動いているような...。

このエスカレーターは、周りを壁で囲まれていて、
上下に最低限の踊場があるだけの
いわばエスカレーター室のようなもの。
周りを見回しても、壁一色。
はるか上のほうを見上げて、やっとわかった。
人が見えなくなる、たぶんそこが終点だろうと
思えるところから、どんどん遠ざかっていたのだ。

他の人たちも気が付き足を止めた。

このまま普通のエスカレーターのように(後ろ向きだが)
下までたどり着いたとしたら...。

すぐこのエスカレーター室(?)から
着いた順に、廊下へ飛び出てくれないと、
モノスゴイことになったりはしないだろうか。
折り重なる人間の山を想像してしまった。

一瞬の間に考えたことだったが、本気で怖かった。

他の人たちが同じことを考えたのかどうかは
わからなかったが、皆、前を向いて走り出した。
いや、超早歩きだったかな。(笑)

そういえば、他の人たちが前を向いて
先へ進みだした理由はなんだったんだろう?

最終的には乗っていた人全員、
長いエスカレーターの到着する階まで
無事にたどり着くことができた。

周りを見回すと皆すごい息切れで、
それでも、今起こったことを口々に話し合っていた。
当然私も喋ったが、それ以上に笑った。

皆必死の早歩きだった。
エスカレーターは「一段につき一人だけよ」の幅の狭いもので、
誰も前の人を追い越せないのだ。
私も自分の安全のために必死だったが、
自分の前に間が空くのがイヤで更に必死になった。

必死だったのに、登りながら笑った。

だって、面白すぎる。(笑)

エスカレーターはゆっくり下がり続けていて、
いい大人が必死にならないと、前へ進めたことにはならない。

まるでルームランナーだった。

前へ進まなければ、キツイ階段状の
このルームランナーからは解放されない。

必死な大人たちの長い列。

結局、上階へたどり着いた時には、
距離にしてどのくらい上ったのか、見当もつかなかった。

ただ、ものすごく疲れた。

やはりあれは走っていたのかもしれない。
大人の長い列は、体力的に進む速度が遅すぎて、
早歩きにしかみえなかったのかもしれない。(笑)

止まっているエレベーターを使用するのは、
気持ち悪いどころではなかった。(^−^;

blogランキングに登録しています。
これからもここをクリックして
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☁| Comment(45) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

現在DoCoMo

新しい携帯に憧れてます。
音色豊かで、歌ったり喋ったり。
メールの変換がらくちんで、ナビができたり、
写真が撮れたり、動画がどうとか。

あ、TV電話機能はいらないよ。
まったく迷惑だ。(笑)

新しい携帯が出るたびに
買い換える人がいるけど、羨ましいやぁねぇ。
新しい機能が「絶対必要!」ってんでもなきゃ、
今まで使ってた携帯壊れてるわけじゃないもん。
「ポイっ」できないよ。
操作覚えるまで一苦労だしさ。(笑)

「N502it」ホントによく働いてくれました。
でも最近、一回の充電で使える時間が
極端に短くなってきてるから、そろそろかなって。

ちょうどいいから、
会社から見直しておこうかってことになった。

au いいじゃない。
こっちのがお得?

カタログ見て、店頭でも見て、
またカタログ見て、また繰り返して、
ようやく「この機種か、この機種」ってとこまできたら、
やっぱり今の番号変えたくないなぁなんて。
だって、覚えやすくていい番号なのよ。

そしたら、FOMAは?
よくわからない。
お財布は持って歩くだろうし、
キーロックしない&暗証番号も初期設定のままな私に
指紋センサーがいるとも思えない。
できればFOMAにしたいのに、ピンとこない。
auで機種選びしてた時は、目移りしてたのに。

そうこうしてたら、
DoCoMoプレミアクラブ入会の案内がきた。
今まで何とかクラブだった人は、
そのまま移行してくれるそうな。
もちろん入っているはずだけど、なんだかイヤな予感。
問い合わせてみると、入ってなかったそうな。
これには、父が怒りました。
「10年も使用してきたのに、入ってないのか!」
係りの人に丸投げ的なところがあったので、怒り心頭でした。
ますますイメージ悪いなぁ、DoCoMo。

今回私が携帯会社を変えると、
もれなく3人の家族がついてきて、
もう3人の身内が順次変えていくことになる。
責任重大なのだ。
7人分の機種まで決めなければならない。
なるべく同じにしたいけど。(笑)

早く決めてしまいたい。


blogランキングに登録しています。
これからもここをクリックして
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☁| Comment(121) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

ウォーターボーイズチャンピオン

TVで「全国高校ウォーターボーイズ選手権」をやっていた。
初代ウォーターボーイズチャンピオンが生まれた。

よかったよ。
がんばってきた結果を一回の発表で出し切るってことが、
自分は苦手なだけに、彼らの大技が近づいてくるだけで
力が入りまくりで、呼吸をするのを忘れていたり、
深呼吸をしたりで大変だったけどね。(笑)

もともと「高校生クイズ」とか大好きで、
一年間楽しみにしている度合い・
見逃した時のショック具合は、完全に紅白以上、
ドラマの最終回以上なくらいだもん。

なのに、今年は見逃しました。
外出していて、夜中帰宅後に新聞のTV欄で気が付きました。
その時のショックったら...。

まず録画は身内にも知人にも期待できないし。

再放送はするんだよね、いつも。
だけど、休日の昼間の番組表、
そうそういつも見てるわけないじゃん。
いいとこ、夜になってから「あったんだ...」って感じ。

だからこそ見逃したら、ずっと「さよ〜なら」ナノダ。

高校生っていいよね。
もう一度やりたい。
今度はちゃんとやりたい。

ウォーターボーイズ選手権に出ていた子たち、
可愛かったよね。

この言い方、ツキナミで芸もヒネリもなく
しかもオヤジくさいんだけど、「ピチピチ」してたよね?
「ピチピチ」言う大人をバカにしてたんだけど、
こんなにピッタリでしっくりくると思わなかったよ。
「ピチピチ」
うん、脱帽。

ビミョウなお年頃になってきたせいか、
いろんな自分がたくさんいて、その見かたもいろいろで、
技術やチームワークに感動したり、
同じ年頃の時の自分を思い出したり、
「若いコのBODYいいわぁ〜」まで、
ホントいろいろな意味で楽しめました。(笑)


blogランキングに登録しています。
これからもここをクリックして
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☁| Comment(5) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

パンツ

パンツっていうと、ズボンの形をしたアレですか?

私は「パンツスーツ」等の使い方以外は、
アレのことはズボンと呼んでいます。

パンツっていったらこれですよ、
一番下に着ける、穿く方の下着。

パンティやらスキャンティやら言われると、
自分も毎日お世話になっている生活必需品が、
急にHな響きを持って、ナマナマしくなってしまいます。

私は、たぶん
人サマよりも余計にHなくせに、恥ずかしがりです。

すみません。
「恥ずかしがり」って響きが可愛らしすぎて、
今書いてて、自分とイコールしませんでした。(^−^;

とにかく、恥ずかしいと思う気持ちが強すぎて、
結果的に、かなりなムッツリスケベとなっています。

なので、パンティやら何やら言われると、
頭の中で妄想がぐるぐると回りだすので、
私が穿いているのは、あくまでもパンツでよいのです。

けれどムッツリスケベな私は、
「女の子でよかった〜♪」
と思えるような下着が大好きで、
もちろん多数取り揃えております。

レースだろうが、紐だろうが、
謎の飾りが付いていようが、
謎の飾りがどこに付いていようが、
あくまでもパンツです。

視覚的に「きゃ〜ん♪」なものでも、
聴覚的に受け付けないのは、なぜなんでしょうか。

意識し過ぎているのかもしれませんね。

ところで。
男性のみなさんは知っているのでしょうか。

男性用の下着(パンツですよ、パンツ)の
何倍も小さい女性用の下着が、何倍も高いということを。

誰にでも見せられるわけじゃない
キャミソール(肩紐ミニスカワンピースみたいな下着)が、
何万もしていることを。
安いのもありますけどね。
丈夫でゴワゴワ、安いのは実用性重視です。(笑)

特別な誰かのために、自分のために。
がんばっています。


blogランキングに登録しています。
これからもここをクリックして
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☁| Comment(4) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

がび〜ん。

「がび〜ん」
ショックを受けたときの私の口癖である。
この他にもたくさんの口癖があり、造語も多い。

私は今酔っ払っている。
昨日のブログを作っている時にも酔っ払っていた。
週末のたびに飲んだくれているわけではないが、
たまたま2日続いている。

昨日ブログを書いている時、
なんだかオカシナことを言ってはいないかと
とても不安だった。
シラフの時に確認をしなければと思っていたが、
さらに今日は飲んでいる。
「酔っ払いが酔っ払いの添削をしてどぉするよ?」
という気もしないではないが、ツッコミどころは多々あった。
が、「それも人生、こんな日もあるさ」くらいに思っている。
今は。
ふふふ、気が大きくなっているのだ。
明日以降、シラフでここを読んで、後悔するのだろうか。
A型の私。
ちょっと怖いが、ちょっと楽しい。

ブログランキングを見て驚いた。
始めたときには、平均100位くらいにいられたら、
バンバン万歳!人生ばら色♪くらいに思っていた。

がび〜ん。

19位だ。
こんな展開は考えていなかった。
間違いなく嬉しい。
ホントに嬉しい。
もんのすごく嬉しい。
うれし〜〜〜ぃっ!(>_<)

ブログランキングを見たら、
自分のがどこにもな〜い!って、完全に見失っていました。
そしたらアリエナイ場所に
ランキングされているとご指摘をうけまして、
まさかと思ったのですが、
確認しに行って、倒れそうに、いえ、倒れました。

しばらく呆けていましたが、その後もタオル地のラグ上で、
クロールまがい・平泳ぎまがいの謎の動きを
しばらく続けてしまいました。(^−^;

だって、だって。
細い枠じゃなくって、太い枠になってるぅ。
誰にも見られることがないんだろうと思っていた
第2の紹介文も載ってるぅ。
なんかもっと気の利いたことは書けなかったのか、私。
ひぇ〜〜〜。

でもこの後、だんだん順位が落ちていったら悲しいな。
でもこの後、落ちていかないほうがオカシイだろうな。

すでに、今が奇跡だし。
書き続けていれば、落ちないってわけじゃないし。

人ってホントに欲張りですね。

初心に返って、100位を目指すか。(笑)


ありがとうございます。
おかげさまでblogランキング
19位になりました。
これからもここをクリックして
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

「わけのわかんないバカ」と呼ばれて

「なにも大雨の日に」という感じですが。

店名は記しませんが、先日
ヤマダ電機へ買い物に行きました。
私たちは広告を見てやってきたわけではなかったんですが、
決算セールだかなんだかで、
ここは店舗の上の方の階が駐車場になっているのですが、
すでに1階まで車の列ができていました。

やっと車のとめられる階まできたのですが、
案内のおじさんが棒を振って屋上階へ案内してくれました。
おじさんには申し訳なかったのですが、
今日は、それぞれが大きめの買い物をする予定で、
店内から車に戻るときに傘は使えないし、
それでは車で来た意味がない。

屋根付きの駐車場があるのを理由に、
駅前にある電気屋群を振って、こちらを強行に薦めたのだ。

おじさんに「ごめんなさい」の視線を送りながら、
必死にぷるぷる首を振った。
「ごめんなさい」が通じたかどうかはわからないが、
階下へ続く方向へ棒をふってくれたおじさんに、
「ありがとう!」の視線を送って頭を下げた。

「よかったね」とかなんとか言いながら、
階下へ降りていくと、すぐそこが空いていたので、
帰るためにさらに下へ向かう列から出て、車をとめた。

長く待たされたとしてもしょうがないねと話していたので
余計に「よかったね〜♪」といいながら店内へ向かうと、
すぐそこにいたこの階の案内の人が、
大声でトランシーバーに向かって、
「ちゃんと屋上の方にやってくんないと困んだよ!」
うん、ここまでわかる。
「じゃないと、わけのわかんないバカが降りてくんだよ!」
軽蔑しきった吐き捨てるような言い方。
目が点になりました。

一人がすかさず
「わけのわかんないバカって、あたしたちのことかしら?!」
と聞こえよがしにしていましたが。(笑)

知ら〜んぷりしてました。

わけのわかんないバカがお給料のモトになってるのにぃ。
けっこうお得意さんだよ?
今年に入ってからだってだいぶ貢献してるしぃ。
こうやってお誘いあわせて、ツレまで連れてきてるのにぃ。
ふーんだ。
私はフクレて、覚えている限りぶーぶー言うタイプだ。
が、非常に残念なことに忘れっぽい。(笑)

今回どれくらいの迷惑が
この人にかかったのかどうなのかということは、
イレギュラーなことをした私たちがどうこう言える立場にない。
ないけれど。

やっぱり「お客様」だよ。
何をしてもいいってことじゃないけど、
...なんて言ったらいいのかなぁ。


ダメだ、思い浮かばない。(眠さのせいか?)
時間だけ過ぎてっちゃった。(^−^;


逆に人のことを
「わけのわからないバカ」呼ばわりしていい時って
どんな時だろうって、今長いこと考えたけど、そうはなかった。

わかったのは、お客さんに聞こえちゃいけないんだよ。
人なんだから
内輪では好きなことをなんだりかんだり言うかもしれない。

頭にきたら
「くそぢぢぃ〜〜〜!ぢぢ〜!...ぢだろ〜?!」
「くそばばぁ〜〜〜!ばば〜!...ばばまみれ〜!」
くらい言うかもしれない。
みんなで笑って発散できるなら、それでもいい。

ってゆーか、
ワタシのセンス小学生並みか、それ以下...。(^−^;

やめよう。
眠いときに書いたことを明日読んで後悔するかもしれない。
むしろ今か?
もう、すでに後悔したほうがいいことになっているのか?(笑)

最初に、店名だしてないからいいかななんて
勝手に思ってたけど、かえってナニナニ店とされたほうが、
イメージの悪化が局地的で済むのかな?
こういう言われ方の方が企業的に嫌なもんなんでしょうか。

でも、モンク書いてるのに、余計なお世話か。
子供の頃からオセッカイで、先が思いやられます。(^−^;

そういえば、一緒にいたもう一人が、
良いことも悪いこともすべて実名で報告していますので、
そのうちそっちに載るかもしれません。

本人は
「見た人が参考にしたほうがいいと思ったことは、
参考にすればいいし、改善したほうがいいと思ったことは、
改善すればいい。関係者も、同業者も。」と言ってますが、
けっこうウサ晴らしてるだろ〜。(笑)

いつも言っているのですが、逆恨みって怖いんだよ?
仮に自分の知らないところでその人が怒られて、
逆恨みされたら怖いじゃないですか。

知らないところでその人が怒られても、
知らないんだから気も晴れないし。(ここ大事です。ワタシ)


blogランキングに登録しています。
ここをクリックして、
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月17日

セカチュウ

ドラマ 世界の中心で、愛を叫ぶ 特別編
見てしまいました。
うっかりです。

本、映画、最近はマンガまで見かけたことがあります。
稼ぎたいのはわかるけど、
立て続けにどうなのよ?!って気持ちがありました。

ドラマには最初から反感があったんだけど、
もしすっごく良かったら、ちょっと惜しい。
天邪鬼だが、貧乏性。
で、1話〜最終話まで録画しました。
正確には、録っておいてもらいました。(^−^;
まだ、1話も見てません。

なのに、特別編を...。

よかったけど、
まぁ良かったけど、全11話どうしよう。
部屋に1人しかいないのをいいことに、泣いちゃったけど、
あれどうしよう。
積極的に、今見る気になれないなぁ。

松下由樹よかったね。

頬骨のせいか輪郭のせいか(言いたい放題)
あんまり好きじゃなかったんだけど、
プロポーションがスバラシイことは、認めて(ナニサマ)ました。
重ねて作品見ていくうちに「やるなぁ」って思いだして、
好きかもしれなくなってました。
ところが「水10!」を見て、尊敬(笑)するようになり、
今日の先生役なんか見ても、
「うまい! うまいなぁ〜。」なんて、関心しちゃってました。

ごめんなさい。

私、松下由樹さん、大好きです。
うん、ホントに好き。
応援してます。
がんばってください。

あの最後の中途半端に年をとった先生役、難しいと思います。
ある程度以上の芸能人の皆さんて、
内側からぺかーっと、輝いちゃってるじゃないですか。
松下さんだって、オーラでてますよ。
それをあえてマットにできるって、すごいなって思います。
できない人がやっちゃうと、
気になって神経がそっちに向かっちゃって、
話に集中できなくなっちゃうんだよね。
セリフマワシも上手だったし、
雰囲気づくりもよかったと思います。
好感の持てるおばちゃん先生って、
あーゆー話し方しますよね。(笑)

逆に演技が良すぎて話に集中してなかったかも。(笑)
あ、でも、11話まで見ていないせいか。
わりと冷静に(泣いちゃったけど)見れました。

特別編は
私にとって、松下由樹バンザイ企画でした。


blogランキングに登録しています。
ここをクリックして、
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☀| Comment(7) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月16日

ショックぅ! ⇒ ハッピー♪

今日は超大作を書いたつもりだった。

書き終わって「保存」したところ、
「完了されなかったから、もう一回してね」のメッセージ。
あれまぁと思い、「前のページへ戻る」をしたところ、
文字バケの変なページ。
すっごく嫌な予感がしたけど、もうダメだった。

どこかへ消えてなくなってしまった、私の超大作。
もう書けないよ。

重症...というか重傷で、タソガレることもできず。
しばらく放心して、
またいつか似たものが書けるといいなぁと思いつつ、
ブログはお休みしたくないので、PCの前でうらうら。

そうだ、これを書こう。

「ブログランキング、100位以内、感謝コメント」

みなさま、ホントに本当に、ありがとうございます。
本日、86位になってました!

!!!

今確かめに行ったら、65位!
嬉し〜〜〜いっ!(>_<)

正直、↑の「!!!」までは、お礼を言いつつ、
まだまだ、まだまだブルーでした。
今は、
.....
まだちょっとブルーです。(^−^;

でも一瞬、爆発的に嬉しかった!(笑)

ちょっとブルーだけど、継続的に幸せ♪

うん、しばらくは笑顔が張り付いちゃいそう。

ありがとう! ありがとう! ホントにありがとう!

順位はモンクなく嬉しいけど、
それだけの人が、ちょこっとでも覗いてくれたこと、
ポチッと押してくれたこと(あれ面倒くさいよね?)、
本当に感謝しています。

あれ、書いている間にどんどん幸せになってきた。
いいぞ。(笑)
感謝して、お礼を言いまくって、自分が幸せになる。
これって、ホントに幸せだ。

ブログは、まだまだぜんぜん慣れてなくって、
操作は遅いし、書くの遅いし、
コメントのお返しがオロソカになっちゃっているので、
早くバンバン書けるようになりたいです。

私的には、コメントが書けてこそって感じだし。

そういえば私のブログランキング、UPとか最新記事が
ランキングの画面に出てないのなんでだろ?
欄が細くてなんだか寂しいような...。

課題は、いろいろあるぞぉ!


応援ありがとうございます。
これからもここをクリックして
ご協力お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

「ラストプレゼント」を見て考えた。

ラストプレゼント〜娘と生きる最後の夏〜最終回
たった今、見終わりました。

今クールで、タイムリーに見られたのは、
結局このドラマだけでした。
たいていは途中から録画に頼って、
見終われるのはいつのことやら。(笑)

このドラマ、大好きでした。

天海祐希が宝塚からやってきたときには
「この人に男役以外何ができるんだろう?」
と失礼なことを思っていました。
だって良くも悪くも特殊な感じで。(笑)
天海さんのドラマってほとんど見てると思います。
いつのまにやら、大好きなんです。
今回のドラマでも、大変魅力的な役を演じていました。

そもそも、自分が死ぬときには、
絶対に余命を宣告されたいと思っている私としては、
テーマ自体ツボなわけです。

死に方を選べる人も少ないかと思いますが。

死ぬ際には迷わず天国へ行こうと決めている私なのに、
いきなり事故かなんかで、急死なんかしちゃったら、
心残りが多すぎて迷いまくっちゃうと思うんです。

まず、部屋を片付けたい。
キレイとか汚いとかじゃなく、
見られてはいけないものを処分させてほしい。(笑)
まだ時間があったら、自分プロデュースの
コメント入りアルバムを作ってやってもいい。
大切な人たちより先に死んでしまうなら、
思い出すときには笑ってもらえるように。

でも絶対ゼッタイしたいのは、最後のお別れ。
ごめんなさい。
ありがとう。
愛してる。
大好き。
楽しく幸せに暮らしてください。

これだけは言わなければ、逝けないよ。

真剣に考えすぎて、涙出てきた。(笑)

たとえ事故にあっても、
最後のお別れの時間分は生き延びさせてください!(願)

え〜っと、ドラマは副題にもあるとおり、
母娘メインで、新しい母、元夫、実家の家族、
会社の人たちといろいろいるわけですが、
可哀想なのは、プロポーズをされるほどの仲の彼氏で、
いつも二の次三の次。
でもニコニコ笑ってる。
ありえなくない?
人間出来すぎ。
出来すぎててカッコよかった。(笑)

でも考えさせられちゃった。
余命の時間配分。
誰かと過ごしたら、他の誰かとは過ごせない。
自分のためだけに、
みんなと一緒に暮らすわけにはいかないし。(^−^;

でもいいんだ。急死よりマシだ。

私の周りには、どうも急死願望というか、
痛みも何もわからないうちに、
あっさり死んじゃいたいみたいな人が多い。

それも困る。
そんなことされたら、どちらが早いかってだけで、
お別れができないことに変わりがないからだ。

仲間内で、
年をとる前に、一番最初に死にたいと言ってるのがいる。
理由は、「友達が死ぬのをみたくない」
「だんだんみんないなくなって、孤独に耐えられない」
私と好みは違うが、一理ある。理解できる。

この「孤独」の話を聞いてから、
今まで以上にお年寄りに敬意を感じるようになった。


blogランキングに登録しました!
ここをクリックしてください。
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☀| Comment(5) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

ブログ

ブログランキングに登録してきました。

ブログをはじめることになったきっかけは、
知人が毎日順位を気にしているのをみて、
ブログというものに興味をもったわけなんですが、
やっと自分のブログを登録できて、
顔が笑いっぱなしです。(笑)

ブログをはじめてからというもの、
トラックバックやらコメントやら、
楽しみなことが増え、時間が足りなくて足りなくて。

初めてのTB、初めてのコメント。
そして初めて日記に対するコメントをいただきました。
超(ちょ〜〜〜っ)!嬉しい!
いや、お恥ずかしいですが、超嬉しかったんです。(笑)

もう、ホントに。

ブログを勧めて(作り方・やり方を教えて)くれた知人以外、
私がブログをしていることは、誰も知らないので、
ここに来て私が書いたものを読んでいってくれているのは、
まったく知らないどこかの誰かです。
純粋に「お客様」ということなので、想いもヒトシオです。

ブログを書くのは、やはり夜になってしまいがちですが、
なかなか0:00前にできあがりません。

けれど、1日抜けるのは、絶対イヤ!

でも私の感覚では、0:00過ぎたって
寝るまでは今日の延長線上だし、
徹夜した場合は、朝がきたら次の日。

で、クルシマギレをやらかしています。(^−^;

1日前倒しにしようかなとも思ったけど、
何度夏休みを迎えようとも、
宿題は9月になってから、泣きながらやってたし、
なんかポリシー(あったんかい)に反するような...。(笑)


blogランキングに登録しました!
ここをクリックしてください。
応援お願いします。ぺこり。
posted by あんじゅ at 23:59| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。